カフェワカクサの『ほうじ茶ラテ♪』

オープン当初からの人気ドリンクメニュー♪

濃厚な『ほうじ茶ラテ』の秘密は??

カフェワカクサの1階のカウンターに座られたお客様には、

何度かお見せしたことがありますが、カフェワカクサの

『ほうじ茶ラテ』の美味しさの秘密について、ここで

ご紹介したいと思います♪

ほうじ茶ラテのレシピ♪

レシピ自体は、以前ご紹介した『抹茶ラテ』のレシピと

ほぼ同じです。

抹茶ラテの作り方♪

抹茶ラテと違うところは、

最初に大きめのマグカップに、美味しいほうじ茶パウダーを小さじ1杯、

グラニュー糖を小さじ1杯、入れておきます。

温めた牛乳を、少し(30〜50cc程度)注ぎ、茶せんで

しっかりと混ぜ合わせます。

※あまり泡立てないように注意

しっかりと牛乳とほうじ茶パウダーとグラニュー糖が混ぜ合わさったら、

残りの牛乳をたっぷり注ぎます♪

ラテアートなど、デコレーションをしたら完成です★

ほうじ茶パウダーを入れるという点です。

ほうじ茶パウダー

このほうじ茶パウダーは、どこで手に入れるのでしょうか?

カフェワカクサのほうじ茶パウダーは自家製です★

2008年にカフェワカクサをオープンする時に、大阪の

『道具屋筋』商店街にカフェの厨房用品を一式、調達しに

行った時に運命の出会いがありました。

この、万能製粉機『ひきっ粉』との出会いです。

この機械は、なんと1分間に30,000回転という

とんでもない回転数で、あらゆる乾燥したものを

微細な粉末にしてしまいます。

万能製粉機『ひきっ粉』

カフェワカクサでは、ほうじ茶パウダーを作る時にしか

万能製粉機『ひきっ粉』を使っていませんが、他にも

乾燥している食品であれば、何でもかなり細かい粉末に

してくれるので、家庭や業務用でも重宝する機械だと

思います。

ほうじ茶パウダー

写真では分りにくいかも知れませんが、ほうじ茶パウダーの

粉末の細かさは、抹茶とほぼ同じぐらい細かいです。

ですので、温かい牛乳と混ぜても、とても滑らかに混ざり合い

濃厚で美味しい『ほうじ茶ラテ』が作れます。

その人気の秘密は万能製粉機『ひきっ粉』でほうじ茶の茶葉そのものを

粉末にしたカフェワカクサ自家製のほうじ茶パウダーをたっぷり

山盛り小さじ一杯入れているからでしょう♪

カフェなどの飲食店や、ご家庭でも是非お試しを♪

もし、この万能製粉機『ひきっ粉』に興味があって、使ってみたい!

という方がおられましたら是非どうぞ!オススメの機械です。頑丈です。

カフェワカクサで使っている万能製粉機『ひきっ粉』は業務用ですので

500CCの大きいタイプですが、もし、ご家庭で使われるのであれば

小さい300CCのタイプもあります。

ほうじ茶以外にも緑茶や紅茶など、色んな茶葉を粉末にしても

お楽しみ頂けるでしょうし、とにかくパワフルで強烈な機械です。

かなり頑丈に出来ていますし、一生もので活躍してくれる機械です。

機械の中身はこんな感じになっています。

万能製粉機『ひきっ粉』

この真ん中の手裏剣のような”刃”が1分間に30,000回転もして

あらゆる乾燥した食品を微細な粉末にしてくれるのですが、”刃”という

よりは、ステンレスの板です。

いわゆる”刃物”のように鋭利な”刃”では全然ありません。

“刃”の厚みは3ミリぐらいでしょうか。

厚手の”刃”で、無理やり高速回転で、何でも微細な粉末にしてくれる、

という感じです。

カフェワカクサ自家製『ほうじ茶パウダー』も販売します♪

今までにも何度か、カフェワカクサの『ほうじ茶パウダー』の大ファンの

お客様にご家庭でも楽しめるようにお分けしていましたが、これからも

ご要望があれば『ほうじ茶パウダー』のみでも販売しますので、どうぞ

お気軽にお問い合わせください★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です