カフェ開業 道のり

開業するまでの道のり

もちろん一軒のカフェを開業するまでの道のりも山あり谷あり、色々大変です。

私たちのように勢いよく開業準備を進めて最短の道のりで開業してしまう人もいれば、しっかりと数年の間、開業準備をしてから開業される方もおられるでしょう。

もっと確実にカフェを成功させるために、世界一周旅行をしてベストな料理を探し歩いて、その後、複数の飲食店で修行を積み、開業準備の資金をため、満を持してカフェを開業させた友人もいます。

その友人は東京で大成功しています。

カフェ開業するまでの道のり、準備期間にこれが最適な長さ、というのはありません。

長ければ長いほど良い、ということはありません。

カフェ開業に必要な準備がほぼ全て出来てしまえば、その期間が必要な準備期間と言えます。

半年で十分なカフェ開業準備期間だという人もいれば、3年、5年必要だという人もいるでしょう。

要は、カフェを開業するにあたって『何を準備するのか』という内容によって準備期間が変わってきます。

カフェのキッチン

それによって、あなたのカフェ開業までの道のりが大きく変わってきます。

例えば、

  • カフェの立地を決める
  • カフェのコンセプトを決める
  • カフェのメニューを決める
  • カフェのインテリアなどのデザインを決める
  • カフェの店名を決める
  • カフェにかける予算を決める
  • カフェの事業計画を決める
  • カフェの開業予定日を決める

などなど、決めるべきことは、もっともっとたくさんありますが、決める前にボンヤリとでも考えてあったり、下調べ・リサーチしているのと、全くゼロからのスタートなのかでは、準備期間にも大きく違いが出ます。

『いざカフェを開業しよう』と決めるまでに多少なりとも、頭の中で試行錯誤したり計画してきたのか、全く考えたことがなかった、のではカフェ開業までの道のりが全然変わってきます。

一軒のカフェを開業するのに、無限の選択肢、可能性があります。

ある程度、カフェ開業を決意する前に、方向性や選択の幅を狭めておければ、その後のカフェ開業の道のりも短く出来ます。そして、その後の準備の内容がブレる心配も少なくて済みます。

逆に、あなたがカフェ開業に対して全くアイデアがなく、まっさらな状態から準備を始めるのであれば、選択肢の幅があまりにも大き過ぎて、一つ一つ決定していくのに時間もかかりますし、決定事項に対する確信も浅くなる可能性があります。自信が無くて手戻りしたり、ブレてしまう恐れがあります。

あなたが本当にカフェ開業を目指しているなら、決心する前に、決意する前に、本格的に開業準備を始める前に、カフェ開業の道のりはすでに始まっています。

ぼんやりと『カフェをやってみたいなー』と考え出した時から、カフェ開業の道のりは始まっています。

具体的に動かなくても、普段の生活の中で、自分の理想とするカフェの形態やコンセプトを考え始めることでも、それはすでに立派な開業準備の一つです。

楽しみながら、カフェ開業へ向けての道のりを一歩一歩進めていきましょう。

カンペキなカフェ開業準備などない

幾ら入念にカフェ開業の準備をしても、実際にオープンしてみないと分からないことだらけです。

計画は計画。実際は実際。

だから良い加減に、テキトーに計画しましょう、ということでは決してありません。

入念に計画・開業準備することは超絶にとても大事なのですが、『カンペキ』を目指しても、カンペキな計画・開業準備などはあり得ません。

実際にオープンしてみると、計画と違ってくることが多々あります。

実際のカフェの営業は、計画と違う点を、実際の営業の中で日々改善、改良を繰り返しながら、元の計画に近づけていく、という作業の繰り返しです。

Cafe Junkies

そして、最近では、計画を立てた時点と、今、未来とで、カフェのおかれた環境や状況が一変します。

ものすごいスピードで時代が移り変わって行きます。

あなたが、カフェ開業前に立てた計画が、ずっと通用すればいいのですが、ひょっとしたら1〜2年で全く通用しなくなる恐れもあります。

私たちの場合もカフェワカクサの置かれた状況の変化は相当ありました。

2008年にカフェワカクサをオープンした時には、いわゆるオフィス勤務の方々のランチ需要というのが相当数ありましたが、

  • コンビニのランチニーズの強化
  • 職場への配達弁当の普及、定着

この二点でカフェワカクサの周りのランチ需要の状況は一変しました。

それでも、需要がゼロになったわけではありませんが、需要が減ったことは事実です。

現に近所でオフィス勤務の人向けのランチをメインでやっていたうどん屋さん、ランチバイキングのレストランは数年前に看板を下ろされました。明らかにオフィス勤務の方のランチ需要が激減したからです。

わかくさ看板カフェ

私たちも一歩間違えると危ないところでした。幸いオープン後、暫くして、いわゆるオフィス勤務の方々向けのごはんものランチをやめて、女子大生や観光客向けがメインのクレープランチに軸足をシフトしていたので、本当に生き延びることが出来ました。

参考:クレープ・ランチ♪を始めるまで*

あのまま、ごはんものメインのランチで、オフィス勤務の方をメインの客層で営業を続けていたら、とっくの昔にカフェワカクサは店を畳んでいたでしょう。

今から考えると、本当に恐ろしいことです。

夜のカフェ

これからも、時代の流れや変化を敏感に感じ取り、常に改良・改善を加えてカフェワカクサを1300年続く、歴史あるカフェに育てたいです。

参考:1300年つづくカフェ♪

カフェ開業した後の道のりは長い★

カフェを開業する前の方は、本当にカフェをオープンする前の道のりは長く、険しく、大変に感じられる方も多いと思います。

しかし、実際にオープンした後の方が道のりは長く、場合によっては険しくキビシイ道のりが続くこともあるでしょう。

でも、私たちもそうですが、あなたも『カフェが大好き!』でカフェ開業を考えたはずです♪

オープンした後の方が道のりは長く険しくキビシくても、大好きなカフェを続けるためなら少々のことは我慢出来る筈!!

それでも、どうしても我慢できない、大変な困る状況から抜け出せない場合、同じカフェ仲間として、カフェワカクサとして出来ることは何でもご協力しますので、遠慮無くご連絡ください。

それでは、これからカフェ開業までの道のり、カフェ開業後の道のり、一緒に楽しんで行きましょう★

Deer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です